酒井廣治・小池栄寿 編

登場する実在の人物 Vol.4

酒井廣治・小池栄寿

白秋の教えを受けた実業家歌人

酒井廣治

酒井廣治(さかい・ひろじ)1894―1956

明治27(1894)年、福井県生まれ。
4歳の時、一家で旭川に移住し、旧制上川中学に進学する。
このころから短歌に興味を抱き、文科系大学への進学を望んだが、土木建築業を営んでいた父の命令で東京歯科専門学校に進む。
東京では、勉学のかたわら、歌人としても著名だった北原白秋<きたはら・はくしゅう>に師事し、門下生のリーダー格と称された。

大正10(1921)年、家庭の事情で旭川に戻る。実業家として仕事を行う一方、大正15(1926)年には、歌人、若山牧水<わかやま・ぼくすい>の旭川訪問をきっかけに、短歌の研究会、旭川歌話会を結成している。
昭和12(1937)年に旭川信用組合理事、昭和28(1951)年に初代の旭川信用金庫理事長となるなど、経済人として活躍したが、その一方で、歌人としても精力的に活動し、地元歌壇の振興に貢献した。

小熊との交友日記を残した詩人

小池栄寿

小池栄寿(こいけ・よしひさ)1905-2003

明治38(1905)年、鷹栖町生まれ。
旧制旭川中学時代に同級生だったのちの旭川詩壇の中心人物、鈴木政輝<すずき・まさてる>らに誘われて詩作を始める。
上京して東洋大学に進むが、卒業後、旭川に戻って長く教職に就いた。
昭和2(1927)年、小熊秀雄に誘われて詩誌「円筒帽<えんとうぼう>」の同人となる。
この頃の日記をもとに書いた手記「小熊秀雄との交友日記」には、連日、互いの家や喫茶店、カフェーなどに集って芸術談義を繰り広げる当時の旭川の若き芸術家たちの姿が描写されており、郷土史の貴重な資料となっている。
晩年は千葉県に住み、平成15(2003)年、97歳で死去した。

PAGE TOP